トップページへ
介護職員基礎研修
介護職員基礎研修とは
講座の内容
├受講費用
└受講資格と申込方法
募集要項
└募集中および募集計画
環  境
├教室
講師一覧
実習施設一覧
採用情報
当社スタッフ募集
登録講師募集
└協力実習施設募集
運営会社

講師の募集

ALVISでは、非常勤講師としての登録講師も随時募集しております。
あなたの協力が必要です!

 介護の現場では、職員の質の向上が求められています。
質の向上とは、「その人が向いているかどうか」や「もっと優れた人が必要」という事ではありません。
「介護の世界に入る前にきちんと介護のお仕事の大変さや、やりがいを認識してもらう事」です。
 すぐに辞めてしまうのは、「向いていないから」ではなく、お仕事を理解せずに世界に入ってしまったことでしょう。
 介護職員基礎研修では、従来の資格に比べ、期間も履修内容も大変充実しています。またALVISの方針も、介護の仕事についてより理解を深めて卒業できる事を目指しています。
 
 例えば、東北大震災においては「何か役に立ちたいが救助しに行ってあげる事も、物資を届けてあげることもしてあげられない」という歯がゆい想いを日本中の人々が感じました。
 今、みなさんには介護の世界で「何かしてあげる」余地が用意されています。

 介護の最前線では、スタッフの教育を見直すべきであるとの悲鳴が全国的にあがっており、そんな声に政府も対応しきれていない状況にあります。
 変える事ができるのは、政府でも法でもありません。現場で活躍する先輩すなわち、あなたです。

 「困っている人の役に立ちたい」。
最初の頃の気持ちを思い出して欲しいのです。
講師出講のメリット・デメリット
メリット、デメリットを比較してみてください!
★メリット
☆スキルアップ
 特に講師経験のない方にとってはご自身のスキルアップになります。人前で話せないなどを克服するためにも是非挑戦して頂きたいと思います。 
☆実績
 講義を担当して頂くことは、講師の方の実績となります。講師の方へは、担当頂いた授業についての出講証明書を毎回発行致します。
☆「Return To Basic」
 受講生へ教える事は、教案作成から講義、受講生からの質疑応答など一連の作業を通して過去にご自身が学んだ内容の再確認にもなるでしょう。多忙な恒常業務の中、なかなか振り返る事のできない基本について初心に返って復習できることは大変有意義な事ではないでしょうか。
☆講師交流
 他施設、他校職員の方々と関係を深める事で、様々な情報交換の機会にもなります。
☆講師報酬
 講義に対して報酬が発生します。臨時収入としてお役立てください。
☆受講生の観察と職場への情報提供
 授業を通して受講生を観察できます。お仕事場に最適と思える受講生に遭遇した場合には、当該受講生を受け入れて頂く事も可能です。
★デメリット
☆貴重なお休みに出講
 「休みの日には休みたい」。ALVISでの非常勤講師は、お休みを利用して出講して頂くケースがほとんどとなります。
ただし、県規定により介護職員基礎研修(約半年間)のうち、お一人あたり30時間の授業を上限とされておりますので、半年間に最大30時間のみです。これは1日(6時限)を全て担当して頂くと5日間に過ぎません。
講師の要件
以下の方々に講師の資格があります。
 長い経験に基づいた授業は受講生にとって大変貴重な資料となります。現場のような力仕事もございません。長年培ってきた豊富な経験を次の世代へ継承するお手伝いをさせて下さい。また、講師の経験が無い方も大歓迎です。「経験がないから挑戦しない」では、いつまでも経験できません。ALVISでは受講生の育成だけでなく、各分野で活躍する方々にも講師の経験を積んで頂くことで更なるスキルアップにつなげて頂きたいと考えています。「経験がないから」と消極的にならず、前向きに挑戦してください。
下記の各資格をお持ちの方で当該資格における実務経験がおおむね5年以上の方。
・介護福祉士
・社会福祉士
・看護師(正看護師に限る)
・理学療法士
・作業療法士
・介護支援専門員
・建築士
・栄養士


運営会社 ・ 採用情報 ・ 講師募集 ・ 実習施設募集 ・ リンク ・ 管理用

(有)ALVIS